... 別冊よこぐも手帖 ...

  くらしの知恵と道具 jokogumo−よこぐも− 
漆塗りのブローチ

先日開催した「使ってみたい、漆展」で、自分へのご褒美というか記念のような気持ちで買った、漆塗りのブローチ。

漆塗りには本当に様々な技法ややり方があって、知れば知るほど作り手に無限の可能性を与えるものだなぁと感心すると同時にいろいろなことが出来るからこその制約というか、不自由さというか、何だろう、精神的にストイックな世界なんだろうなぁと感じます。その分そこから発せられる魅力も深いのだけど。

このブローチは卵殻という技法を使ったもので、その名の通り卵の殻を貼り付け模様が作られています。よくもまぁそんな細かなことを・・・とため息が出るのですが、貝殻を使った螺鈿(らでん)しかり、身近にあるものを使い少しでも美しいものを作ろうと工夫してきた先人の知恵というのは本当に素晴らしいものです。そしてそれが今にもちゃんと受け継がれていて、こうして現在の暮らしにあったものが制作され、暮らしに取り入れることが出来るなんて。いい国ですよ、日本。

私はストールなどの布ものを巻いていることが多いので、それを留めるのに。ボタン柄がぴったりで、とっても気に入っています。しかもこういうのはおばあちゃんになっても付けていると可愛らしいこと請け合いです。何なら孫にあげても喜ばれそうです。

ってまぁ何十年後の話をしても仕方ありませんが、こういうアクセサリーもいいもの。


| すきなモノ | 17:15






CALENDER
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Twitterボタン