... 別冊よこぐも手帖 ...

  くらしの知恵と道具 jokogumo−よこぐも− 
古いものとか商店とか。

使われなくなったものだけど、なーんか別の用途で使えそうなものをついつい手に入れてしまいます。
ずっと使われていた、働いていた、というところに惹かれるのか、自分ならどう使おうか、という好奇心みたいなものなのか。何だろう?

なーんか使えそうだった古いケーキの型と、使えるかわからないけど気になって拾っておいた風鈴の上の部分と思われる家型の鋳物。蚊取り線香を置くのに使っています。


そういえば今日、「いい匂いがする。夏の匂いだ。」と言いながらふらりと立ち寄ってくれた若い男の子たちが、「入ると急に東京じゃねぇ感じ。」「海の近くにありそうな感じ。」「いや、逆に東京っぽい。」などとお店の印象を思い思いに口にして、「また来ようぜ」と言って帰っていったのは、何か楽しかった。本当にまた来て欲しいなぁ。

赤い自転車の郵便配達のおじさんも、お店の前でスピードを落とし、ゆらゆらとしながら「懐かしいものが置いてあるねぇ」と笑顔で通り過ぎていったっけ。

今日の東京は幾分過ごしやすくて、お店の窓もドアも開け放していたのでした。真夏とか真冬にはこういうことは出来ないけれど、商店ぽくて自分ではこういうスタイルは好きだなぁと思います。


| すきなモノ | 18:21






CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Twitterボタン