... 別冊よこぐも手帖 ...

  くらしの知恵と道具 jokogumo−よこぐも− 
神楽坂まつり



昨日と今日は神楽坂まつり。夕方になると揃いのはっぴや浴衣を着た人々がお店の横を通り過ぎるようになり私もソワソワしてきます。

神楽坂まつりはなぜか阿波踊りです。そして神楽坂は名前の通り坂の街です。そこをたくさんの連が次々に踊り歩くのですが、女踊りは下駄の前側に重心を置いて踊ります。これを下り坂で、しかも笑顔でやっている。おそらく、阿波踊りを取り入れた全国のどこの祭りよりも厳しい環境なのではないでしょうか。いくら踊る阿呆でもこれはただの阿呆ではありませんよ。思わず足を止めて見てしまうのですよねぇ。がんばって!

ア、ヤットサ〜ヤットサ〜♪

祭りはいいなぁ。毎年、見るたびに思う。
そして、祭りのある土地に生まれたかった!と、叶わない夢をいつまでも忘れられずにいるようなちょっと切ない気持ち。

大学のときに仲良くしていた徳島の友人が、阿波踊りの練習の祭囃子が町に響き渡るようになってから、どんなふうにその血が騒いで、その土地にとって祭りがどういう存在なのかを話して聞かせてくれたことを思い出します。生きてたら、一緒に連れてって欲しかったんだけど。本場の阿波踊り。

| つれづれ | 19:04






CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Twitterボタン