... 別冊よこぐも手帖 ...

  くらしの知恵と道具 jokogumo−よこぐも− 
石川昌浩展おしまい。



12月9日より開催しておりました石川昌浩展は20日をもちまして終了いたしました。お越しくださいましたみなさま、それから告知にご協力くださった方々、そして石川さん、本当にありがとうございました。

私も久々にフル出勤の日が多くあって、このところなかなかお会いできなかったお客様のお顔も多く拝見できうれしい毎日でした。

展示前、石川さんが『作ることも売ることも続けていると出来ることも増えてくるからついいろいろとやってしまい結局顔がわからなくなってしまうものだが、自問自答を繰り返しながら「できる範囲」でゆっくりとでも確実に前に踏み出したいという肌感覚を共有している大好きな店』とjokogumoのことをご紹介くださいました。

石川さんに比べるとjokogumoはまだまだ若輩者ですが、2008年にウェブショップをはじめてからもうすぐ8年。石川さんの個展も3回目となりました。店をはじめたときに比べるとくらしの道具を扱う店もずいぶん増え、どのようにしてjokogumoらしくあるのか、そもそもjokogumoらしさとは何なのか、変化していく部分、そうでない部分、いろいろなことを考えます。加えて子が小さく出勤さえままならない日々。いいのだ、いや、よくないのだ。本当に自問自答の繰り返しです。

そんな中の石川さんからの嬉しい言葉。それから『定番を作り続ける』という仕事とその量、またそれ以外の部分。教えられること、考えさせられることの多い展示だったように思いますが、最初の個展のときからいつもお越しくださっているお客様、今回の展示をきっかけに初めてお運びくださった方、それぞれにお迎えできること自体もまたひとつの道しるべであり、また力を与えてくれるものでした。

気付けば今年もあとわずか。本当にあっという間だったなぁ。

店内はいつものラインナップに戻りますが、石川さんの硝子はこのまま引き取るものもたくさんありますので「やっぱり気になって」や「追加で欲しい」などございましたら在庫などお気軽にお尋ねくださいませ。

改めまして、みなさま本当に本当にありがとうございました!


年内の営業は27日(日)までです。ホームスパンのマフラーにショール、あたたかな靴下などもたくさん揃っています。クリスマスの贈り物、年末年始のごあいさつによいものも様々ございますよ。

 
| 石川昌浩展 | 17:24
石川昌浩展は明日が最終日。



今日も大切なことはタイトルにしてしまいましたが、そうなんです。ロングラン!と言っていた石川昌浩展もいよいよ明日で最終日となりました。「誰かー!」と急に声を上げて人に手伝ってもらいながら荷物を開けた展示前が懐かしく、コッポジの名前彫りの土日も夢であったような、そんな気持ちで最終日前日のblogを書いています。

今日もお気に入りのコップを選びにお越しくださった方、あっちとこっち、ずいぶん悩みつつ決めてくださった方、じっくりとご覧くださる方が多くよい1日でした。ご来店くださいましたみなさま、ありがとうございます。

人が選んだものを見るとなぜかちょっとうらやましくなったりして、使い方のイメージを尋ねてみたりという楽しいひとときもありました。あんなふうにこんなふうに。使い道を楽しく想像できる器はいい器。

あっそれから、お手持ちの石川さんの器の写真が素敵に撮れたので、と見せてくださった方も。きらきらとした硝子の表情が面白い構図で切り取られていてスタッフと一緒に「わーこれは素敵!」とはしゃいでしまいました。

あぁそんなやり取りも明日までかと思うと寂しくもありますが、明日もよい1日になりそうな気がしてきました。不安症の私にしては珍しいかも。よし、きっとそうに違いない。みなさま、明日もたくさんの素敵な硝子とともにお待ちしております。

写真は正午過ぎの東の窓の影。モッコウバラの蔓が背景になってどこかジャパネスク。硝子もきらきらして美しく、しばし眺めてしまいました。

 
| 石川昌浩展 | 23:47
石川昌浩展、最後の土日です


中休みの火曜日からblogが止まってしまいましたが石川昌浩展は後半も絶賛開催中でございます。石川さんから届いたDMを頼りに、他のお店でたまたまDMを見て、など、これを機会に初めてjokogumoを訪れてくださる方もいて嬉しくありがたい日々。DM設置にご協力くださっているお店にも感謝、です。

今日は、硝文シリーズのどっしりしたぐいのみをお買い求めくださっていた方から「あれ、すごくいいよ。」という感想をいただきました。古酒を少し入れて呑むのだそうです。古酒の琥珀色を受け止めるかたまりの硝子。想像しただけでうっとりしてしまった。

会期も後半になると2度目のご来店という方もおられるので、これをこんなふうにして使ったらとてもよかった。というお話は嬉しいし楽しいですね。ワイングラスでジュースを飲むのが好きなお子様の話とか、燭台を花器として使うのもいいとか、茶色の硝子にビールが意外といいとか。

明日、明後日も1度目2度目、3度目のご来店、お待ちしております。コップも鉢も、まだまだたくさんありますので中からお好みのものをお選びいただけますよ。季節が変わると(春夏とか)なかなかここまで数が揃わなかったり入荷に時間が掛かったりすることも。是非この機会に!

 
| 石川昌浩展 | 22:42
明日は中休み。また水曜から!

大切なことはもうタイトルにしました。明日火曜日の石川昌浩展はお休みです。水曜日からの後半もどうぞよろしくお願いいたします。



今日、月曜日はわたくし小池の一人店番の日でした。子が生まれてからというものそういった日はすっかり珍しくなってしまったものの、1日どっぷり店で過ごすとやっぱりそれなりの充実感や満足感もありこれは大切な時間です。

月曜日に開いていることはあまりないのでヒマな方かもしれないな、なんて思っていたけど「タイミングが合わなかったけどようやく来れました!」「久々に来ました」「たまたま神楽坂で用があって」などなど、嬉しいご来店が続く嬉しい1日でした。

その中で、石川さんの芳名帳にご記帳くださったお客様がいらしたのですが、ご住所、お名前を見ると何となく見覚えがあります。「ウェブショップをご利用くださったことあります、よ、ね?」とお尋ねすると、やっぱりそうでした。

ウェブショップ、今は送り状はプリントアウトで出すのですが、以前は全部手書きで用意していました。その頃は手が痛くて(筆圧が強いので)送り状を書くのはあまり好きでない作業だったのだけど、手書きってすごくて、ずいぶん前のことでも覚えているのですよね。

ご住所にお名前。何度かご利用くださっている方であればどんなに久々に見ても「この方は手書きの頃からのお客様だ!」とピンときます。手を動かしながらの記憶ってすごいなぁと感心するのもありますが、それよりも何よりも、そんな手書き時代からjokogumoをご利用くださっていた方が今もこうしてご来店、ご利用くださることに感謝感激、です。

長いお付き合いのお客様はこれからも、出会ったばかりのお客様にもまたこれから、ふと思い出してふらりと訪れていただけるお店でありたいな。そんなことを改めて感じた、石川昌浩展6日目でございました。

面取り鉢にいつものコップもまだまだ数が揃っています。燭台や壷など、個展ならではのものもいろいろです。○○はまだある?というようなお問い合わせもどうぞお気軽に。それではみなさま、また明後日以降にお待ちしております。


 
| 石川昌浩展 | 23:30
コッポジの名前彫りと安産の神様。

石川昌浩展5日目。今日は石川さんの在店日、名前彫りも2日目でラストチャンスというのもあって、たくさんの方にご来店いただいた1日でした。あいにくのお天気だったにも関わらず、みなさま本当にありがとうございました。

コップのおじさん(=コッポジ)の名前彫りも大忙しで、お茶のひとつも出さずじまいになってしまいました。すいませーん。そのかわり?みんな名前やサイン入りのコップを手にとってもいい笑顔。大人も子どももうれしい1日だったなぁ。


漢字とひらがな、どっちにしましょうかね。コップと希望の文字を見ながら相談。この時間、結構すきです。


雰囲気あるコッポジにちょっと緊張しつつ...。


どんなふうに彫ってくれるかな。


一緒に折り紙もやりました。

「名前彫ってもらった?」
「どんな漢字?」
「いい字だねぇ」「素敵な名前!」
そんなやり取りをしているとき、子どもは本当にいい顔をしてくれます。ちょっと照れるけどでも嬉しい。名前っていいな。そんな楽しい2日間、石川さんありがとうございました。

それから今日はなんと、昨日ご来店くださった臨月のお客様より「今朝生みましたー!安産です。」なんてご報告が!いつ生まれてもおかしくないですねぇなんて言ってたけど、まさかこんなすぐ生まれるなんて。これもコッポジのご利益でしょうか。とにかくバンザーイ!な出来事でした。

石川さんの在店は終わりましたが展示はこのまま次の日曜日まで続きますよ。明日もみなさまお待ちしております。
※15日月曜日はお休みです。お気をつけくださいませ。
 
| 石川昌浩展 | 00:11
石川昌浩展スペシャルディ 1th

今日は石川昌浩展4日目で石川さん在店1日目。本日もお越しくださいましたみなさま、ありがとうございました。名前を彫ってもらえるスペシャルな日とあって、目掛けてお越しくださった方もいてうれしい1日でした。小さなお子様連れや妊婦さんも多かったですね。

名前彫りは見ているのも結構たのしくて、自分の名前を入れてもらう人、子ども用、家族みんなの名前をそれぞれのコップに、それからワンちゃんの水入れにというのもありました。

14時〜16時とお伝えしていましたが、結局閉店までずっと対応していただけました!明日こそは16時くらいまで(遅くても17時くらい)になると思いますが、始まりは早くて12時過ぎくらいから彫ってもらえるんじゃないかと思います。早い時間は割りとゆっくりしているので早めのご来店がおすすめです。


こんな感じで「うぃ〜ん」と。

個展でこういうことをしてくださること自体が珍しいし、ご本人も「多分もうしない」とおっしゃっていますのでこの機会に是非。2年後に「やってないんですか?」と言われる方もいそうですがやってない可能性大です...。


紙芝居。これを見ると、ひとつひとつのコップが奇跡!のように感じます。ちゃんと作らないとちゃんとしたものは出来ない。当たり前だけど、そういうことなんだなぁと改めて。

私も明日は彫ってもらいたい何かを選ぶ予定。なんとなく決めてはいるけど、朝ガラスを拭きながら最終決定しよう。それではみなさま、明日もお待ちしております。明日こそは寒いらしい。あたたかくしてお越しくださいませ、

 
| 石川昌浩展 | 00:01
石川さんは明日明後日在店!
石川昌浩展は今日で3日目。暖かくしてお出掛けください。なんて昨日のblogで書いたけど、めちゃめちゃぬくかったですね、今日。うっかり厚着をして外に出てびっくりしました。

重要事項はもうタイトルにしてしまいましたが、明日(土)明後日(日)は石川さん在店日です。今回は特別に在店中に名前彫りをしてくださるというので、私ももうソワソワして仕方ありません。名前彫りといっても別に名前じゃなきゃいけないわけではないので、他にどんなリクエストがあるのかも気になりますね。

石川さん情報によると、「石川さんのサインを」という方が案外多いのだそうです。誰かにサインをしてもらうという発想があまりない私はそれを聞いて「えー!そうなんですか!石川さん、すごいなぁ〜」なんてニヤニヤしてたんですけども、1日経ち2日経ってくるとなんだか私もその石川さんのサイン入りが欲しくなってきたではないですか。これはもう名前彫りという名のサイン会になるかもしれません。



でもやっぱりおすすめは子ども用のコップを選んでその子の名前を入れること。割ると困るから、と子どもには割れ物でないコップを持たせている人もいるかもしれませんが、すてきなコップに入った飲み物は美味しい。それは大人も子どもも変わらないはず。

石川さんは「コップのおじさん」と称して保育施設へコップの寄贈をされていて、過去にそのことが新聞記事に掲載されたことがあるのですが、そこにあった子どもの感想が大好きです。

「いつもの麦茶がもっとおいしくなった。」

そうだよね。きれいなコップで飲む麦茶は美味しいよね。名前を入れてもらうことで大切に使う気持ちも芽生えるかもしれないし、「わたしのコップ」「ぼくのコップ」ってなんか誇らしい。もしかしたらいつか割ってしまうこともあるかもしれないけど、いいよ。ガラスは割れ物なんだもの。そういうものなんです。(怪我さえしなければ。)コップのおじさんはまた新しいのを作ってくれるよ!

贈り物にもいいかと思います。時間の目安は14:00〜16:00くらい。みなさまこの機会に是非。



※コップができるまでを紹介した紙芝居もありますよ。子どもが来たら読んでくれるかも。リクエストしましょう!
 
| 石川昌浩展 | 23:37
石川昌浩展2日目と吊花生の思い出。


石川昌浩展。2日目の今日もご来店くださいましたみなさま、ありがとうございました。男性も女性も、ゆっくりと時間を掛けてぐるりとご覧くださる方が多くうれしい1日でした。途中、なんとサプライズで石川さんのプチ在店があったそうな!

私はというとちょうど息子の一時保育をお願いするために店を後にしたところで、会うことが出来ずー(泣)私が出て10分後くらいに石川さんが来られ、私が戻ってくる10分前くらいに石川さんが去っていったという話(スタッフ談)。土日のお楽しみです。

写真は吊花生。細いワイヤーのわっかを小瓶に通して吊るすことが出来るもの。窓辺にあるとキラキラとして本当にきれい。小さな花をいけてもいいし、これだけでも素敵。

昨年は出産前の数ヶ月、入院してベッドの上で過ごすというまさかの経験をしたのですが、そのときに石川さんが送ってくださったのがこの吊花生でした。味気ない病院で、こういうものが傍にあるのはしみじみ嬉しかった。心に残る硝子のひとつです。

明日はお天気くずれるみたいですね。冷たい1日になるかな。みなさまどうぞ暖かくしてお出掛けくださいませ。

夜もまたいい。

 
| 石川昌浩展 | 23:24
石川昌浩展はじまりました


朝からお天気にも恵まれた石川昌浩展初日。ご来店くださいましたみなさま、さっそくありがとうございました。ワイングラスを選びに、追加のコップを買いに、ピッチャーが気になって...それぞれにお目当てのもの、そうでないものも合わせゆっくりとご覧いただけたように思います。一緒に悩んでみたり、何をどんなふうに使っているか談義も楽しかった!

滞在時間が長いというのはありがたいこと。どうぞご遠慮なく、自分の世界にどっぷり入ってたくさんのガラスをお手にとってご覧いただけますように。

そうそう、出産のお祝いに小さなコップを、という方もいらっしゃいました。これまた嬉しいことでございます。会期中にひとつでも多くの小さなコップが旅立って、この素敵で使い勝手のよいコップが当たり前の子どもが増えるといいなぁ。

そして『吹かない仕事』硝文シリーズも。これはとても面白くて、響く方はこのコーナーの前でじーっと向き合っている。ひとつ手にとって置いて、また持って。お客様が帰られたあとに触ってみたらほわっとあたたまっているのもあって、なんかこう、気持ちを丸くさせられるような、そんな感触でした。手のぬくもりもそうだし、それこそその方の気持ちがこもっていたのかも。

明日2日目も平日だから、じっくり選びたい方にはおススメです。ではでは、また明日もお待ちしております。


 
| 石川昌浩展 | 23:16
石川昌浩展は明日9日から。



いよいよ明日からとなりました。『石川昌浩展−小さな手のなかで−』
展示情報に関してはツイッターでのリツイート、FBでのいいね!やシェアなどしてくださった方もたくさんいらして、みなさま本当にありがとうございます。

明日9日水曜日にはじまって、途中15日の火曜日にはお休みをいただきますが、20日(日)までという長めの展示です。週末が2回ありますのでどこかでご都合が合い、お運びいただけますと大変うれしく思います。定番品も数が揃うのでご家族分など揃えるにはよい機会ですし、個展ならではのものもまた楽しみです。

石川さん在店の12日(土)13日(日)には名前彫りのサービスもありますよ。14:00〜16:00が目安の時間帯となっています。コップの裏に名前を入れてマイコップに、それから記念日を入れてもらうのもいいし、好きな言葉でもいいかもしれません。石川さんのサインを!というリクエストも案外多いのだそうですよ。サイン入りの大作なんてきっとめちゃめちゃレアですね。

それから今回の荷物にも紙芝居が入っていました。「コップができるまで」を紹介してくれるものなのですが、2年前の個展のときにも届いていたけど、石川さん在店の日に子どもも来なかったし、結局幻だったのでした。今回こそは見てみたいぞー!石川さんも「子ども連れで是非!」と言ってくださっていましたよ。

ガラスばかりの店内なので小さなお子様の場合はそれなりに注意していただく必要はありますが、私やスタッフも手が空いている限りは出来るだけ参戦(?)いたしますので、最初から「子どもいるから無理」と諦めないでチャレンジ来店してみてください。たくさん大人がいるとなんとかなるかも。(紙芝居ありますしね!)

一緒にコップを選んで名前を彫ってもらうのもすごくいいんじゃないでしょうか。大切に使ってくれるような気がするし、たとえ割ってしまったとしても何かを学んでくれそうです。

石川さん在店の週末はおそらく混み合うと思いますが、平日はゆっくりご覧いただけると思います。たくさんの中から気に入ったものをじっくり選びたい、という方は平日がおすすめ。それではみなさま、お待ちしています。



石川昌浩展 −小さな手のなかで−
2015.12.09−12.20 ※15日(火)はお休みです
12:00−18:30 ※最終日のみ17:30まで
新宿区白銀町1−6 jokogumo
03−5228−3997
東西線神楽坂駅・大江戸線牛込神楽坂駅からそれぞれ5分くらいです
 
| 石川昌浩展 | 23:38






CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Twitterボタン