... 別冊よこぐも手帖 ...

  くらしの知恵と道具 jokogumo−よこぐも− 
カビ注意報


湿度の高い1日でした。あまりの蒸しっぷりなので発令します「編み組みカビ注意報」。いや、警報でもいいかも。

木の皮や蔓を使って編んだ道具。使い勝手もいいし、気分もいいし、とってもいいのですけども、このじめじめした季節だけには注意しなくてはいけません。

例えば、どこかの棚にしまったままにしているとか、毎日使っていて乾いていないうちに窓を閉め切って外出してしまうとか。人がいると空気も動くし、窓を開けて換気も出来るけど、誰もいないこの季節の部屋ってもうほんっともわもわ〜なのですよね。これは大変キケンです。

昔はそれこそ誰かしらうちにいたり、住宅だって気密性も低いわけなので、今ほどこの季節を恐れなくても(?)よかったのではないかと思います。それにこういうものが溢れている時代だったので、もっと簡単な作りのものを使い潰す感じで気軽に使っていたのかなぁとも思います。カビて黒くなっても気にしなーい、ってな具合で。

もちろんそれでもいいのだけど、今の時代、どうしても手仕事のものはお値段もそれなりで、出来れば少しでも長く、気持ちよく使いたいもの。そしてそのためはどうすればよいか。はい、それはちゃんと気にかけてやること。

カビは、早い段階で気付くと拭き取ったり表面を擦ったりして取れることがほとんどです。使うついでに編み目が詰まって乾きにくそうなところなんかを「大丈夫かな?」とチェックする癖を付けておくと手遅れになりません。

あとは、熱湯殺菌してやるとか(ただし形が少しいびつになってしまうこともあります)、外の風にあてて陰干ししてやるとか。

もっと何かないんですか!とじれったく感じる人もいるかもしれませんが、使う頻度や生活も違う中で、自然素材のものに対する明確な答えってはっきり言ってありません。こうすればこうなりますって、言えないのですよね・・・。

モノの性質をまずは理解する。例えば、鉄は水に塗れたままだと錆びるとか、マタタビは吸湿・吸水性に優れているとか。じゃあどうするんだ、と。そこからあとはそれぞれが考えたり、使いながら学んでいく、知恵をつけていくという感じでしょうか。

カテゴリーだけ作ってほったらかしにしていた【お手入れのことなど】。答えではなくて、私はこんなふうにしています。とか、こんな話を聞きました。というような知恵の共有カテゴリーにしていけたらと思います。まずは「カビ注意報」でしたけど(笑)、「はっ!」となって様子を確かめるきっかけにしてくれる人もいるかもしれないので。編み組みをお持ち(特に台所道具)のみなさま〜、お気をつけを〜!

写真はこのお話とは全く関係のないこけし栓抜き。久々に入荷したので載せてみました。


| お手入れのことなど | 19:13
「お手入れのことなど」カテゴリー


jokogumoで扱うもののほとんどは自然素材の手仕事のもの。こういう場合はどうしたらいいですか?どうなりますか?というご質問をよく頂くので、そういうのを共有するためのカテゴリーを作ることにしました。

お店で扱いのある素材のものはひと通り、自宅でも数年にわたって使用しています。お店で扱うから使ってみている、というよりは自分が好きで使っていて、これは是非お店にも!というものが並んでいるのですけども。自分が使っていて感じること、注意していること、それから、こんなふうにも使っています、ということなんかは、これから使ってみようと考えているお客様にも出来るだけお伝えしたいと考えています。

とはいうものの、正直なところ自然素材のものというのは「こうすれば絶対こうなる」「こうすれば絶対にこうはならない」というのがない。私が経験したことは伝えられる。でも、みんなに当てはまるわけではない。これこそが自然素材の道具。

例えば、同じように使っていても、低気密の木造住宅に住んでいる人と高気密のマンションなんかに住んでいる人では環境が異なるわけです。それから、同じマンションでもキッチンに風が通るケースやこもりがちなケース。常に人がいて、空気が動ているとか、共働きやひとり暮らしでなかなかそうはいかない、とか。実際はみんなが同じように使っているわけではなく、100人いれば使い方や使用頻度もそれぞれなので、それこそ100通りの使い方と環境の組み合わせということになります。

昔は自然素材の生活道具というのはもっと身近にあって、その環境下では「こういうもんなんだな」というのが何となく自然にわかったのではないかと思うのです。母親が「これはこうするもんなの」とお手伝いのときに教えてくれただとか、そのときはよくわかっていなかったけど、おばあちゃんがいつもこうしていたのにはこういう意味があったんだ!と後になってわかっただとか。

でも、腐らずカビないプラスチックやステンレスが主流になり、いろいろなことを家電がやってくれるようになって、しかも核家族化してからもう2世代です。これはもう、この時代にわざわざそういう道具を使ってみようと思った人が1から身に着けなくてはいけません。

なんて言うとたいそうですが、「大切に長くつかっていきたいな」という気持ちがあれば、道具はいろいろなことを教えてくれます。私だってまだまだ使い始めて長くてもせいぜい5年やそこらです。失敗だってありますとも。でもそこから学べばよいのです。

私にわかること、それからお客様から伺ったこと、一緒に考えてみたことなど。それなら自分はどうするか、という判断材料のひとつになるように。このカテゴリーで少しずつご紹介していけたらと思います。

今日は前置きまで。

| お手入れのことなど | 21:48






CALENDER
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Twitterボタン