... 別冊よこぐも手帖 ...

  くらしの知恵と道具 jokogumo−よこぐも− 
伝えていきたい 暮らしの知恵

 

 

おばあちゃんの知恵袋的な1冊にしたいんです。とお話を頂き、取材をお受けしていたムックが発売となり、見本誌が届きました。

リンネル特別編集 伝えていきたい暮らしの知恵

 

jokogumoからは「暮らしを彩る昔ながらの道具と手仕事」という特集の中で猪狩史幸さん(岩手)の汁椀や「のだ窯」泉田之也さん(岩手)のすり鉢、弘前のあけびのバッグ(青森)と小沢賢一さん(福島)のくるみのカッティングボードをピックアップ、掲載いただきました。今改めてこのラインナップを振り返って、東北のものばかりだった!と気づいた私。狙ったわけじゃなかったんだけど、東北好きなんだなぁ、やっぱり。滲み出てしまった。

 

それから「日本の良品をセレクトする注目ショップ」というページではお店の紹介も。日本の良品をセレクトするお店は今本当にいくらでもあるといっても過言ではなく、ここにしかない、と言えるものを置くことがなかなか難しくなってきました。仕入れもこれまで通りにはいかないし、限られた作り手のところに全国の店の注文が殺到することに正直迷うところもあります。

 

これまで扱ってきたものは、入荷頻度や数が少しになっても長く続けていきたいとは思いますが、同時によいものを作っているのだけど販路が乏しく続けるのが困難であったり、やりがいみたいなものに恵まれない作り手のものを見つけ、紹介していくこともこれまで以上に大切に考えていきたいです。

 

話が少しずれてしまったけど、こんな時代のたくさんの店の中から小さなjokogumoを選んでもらえたことは純粋に嬉しい。感謝の気持ちでいっぱいだし、こういう雑誌で新しくjokogumoを知ってくださった方をがっかりさせないように頑張らねば!と気合が入ります。いつでもたくさんのものが揃っているわけではありませんが、作り手の暮らしのリズムだったり、自然素材の成長だったり、そういう物事に寄り添いながら商品は少しずつ入れ替わっています。

 

 

さて、ムックではそのほかにも薬膳料理や便利な常備菜、お菓子、金継ぎからお掃除まで、たくさんの暮らしの知恵が。おばあちゃんの知恵袋っていうと私は普通に日本のおばあちゃんを想像していましたが、もっとグローバルな感じで、今の時代の解釈をもってして作った本だなぁという印象で好感が持てました。みなさま本屋さんで是非お手にとってご覧ください。

 

 

| 掲載 | 12:55
北東北のかご、いろいろ

 

このところかご盛りだくさんのjokogumoです。秋田からはイタヤ細工に山葡萄、青森からも根曲がり竹にあけび細工。いろんな素材、いろんな形のかごが並ぶ店はやっぱりいいですね。

 

かごバッグは、「前から気になっていたけどずっと迷っていて」と満を持してお求め下さる方もちらほら。よし!と思ってjokogumoにやってきてくださるのは本当にうれしいです。それから「いつか買いたいんですけどー」とまずは見て考えるのにお越しくださる方もいらっしゃいます。

 

よく言うことなのですが、かごバッグは長く使えるものだし、「いつか」と思っているのであればまずはどんどん手に持って鏡で見ること、です。そうすると自分にしっくりくるサイズ、形というのがだんだんとはっきりしてきて、いつかよい出会いがあったときに迷いがなくなります。たくさんのバッグが並んでいるのはとてもよい機会、遠慮せずに持つだけでも持ってみてくださいね。

 

 

 

ウェブショップにも様々掲載しております!

イタヤ細工・山葡萄細工のバッグ

あけび細工のバッグ

 

| 神楽坂店のこと | 16:43
清野浩美さんのちくちくワークショップ「ちいさなハンカチ3」

 

 

ちいさなハンカチを手縫いでつくる、清野浩美さんのちくちくワークショップ。まだ2回しかやっていないのだけどなんだかもうすっかり定着した感があって、5、6回やっているイメージです。

 

2回目もみなさんとっても楽しんで仕上げてくださいました。そのときのグループによって縫い目に傾向が生まれてくるのは面白いですね。ちなみにこのときは「縁にこだわる」グループでした。何度様子を見に行っても、みんなずっと縁を縫ってる(笑)最後に出来上がったものを見せていただくとこれまでにない縁の感じが見られて、これはこれでいいなぁと思いました。「正解なんてないの、自由に、思ったように縫っていいの!」そんな清野さんの言葉の通りです。

 

次回は、平日はお仕事があって都合が付かなかったという方にもご検討いただける日曜日の開催です。「待ってました!」という方、お待ちしておりますよ。

 

 

清野浩美さんちくちくワークショップ「ちいさなハンカチ3」

ありがとうございます。満席となりました(9/6)

【日時】9月11日(日) 10:30〜(2時間ちょっと)
【場所】坂の上のちいさなjokogumo(うえぐも)
【定員】4名様  
【参加費】3,240円(当日作るハンカチ+家に帰ってから作れる材料・小さな針山と縫い針のセット付)
【持ち物】糸切バサミをお持ちの方はご持参ください。ない方はお貸しいたします。それ以外は特にありません。お気軽にご参加ください。

【お申し込み】 件名を「ちいさなハンカチ」とし、お名前当日連絡のつくお電話番号を記載の上event○jokogumo.jp(○=アットマークに変えてください)にメールしてください。お電話でのお申し込みは03-5228-3997まで(火〜土の12:00〜18:30)お気軽にどうぞ。

それではみなさま、お待ちしております。

 

とってもたのしそう!

 

 

| ちいさなハンカチ(清野浩美さんWS) | 18:32
スタッフ卒業と営業日の変更について

 

5月に仙台出身のスタッフが仙台に戻ることになり、6月からニュースタッフを迎えた新生jokogumoでしたが、それから2ヶ月。今度は水曜日と日曜日のお店を切り盛りしてくれていたスタッフ(水野さん)が卒業する運びとなりました。(でもたまには助っ人としてスカウトさせてもらいたいと思ってマス!)

 

アクセサリー作家でもある水野さん。展示や制作との調整をしつつお店に出てくれていたのですが、作家としての活動がだんだんと忙しくなり7月末日の日曜日を最後の出勤として今後はものづくりに専念されることに。せっかくお店のこともよくわかってくれ、たくさんのお客様とも親しくさせていただいていたスタッフがまた欠けてしまうのはお店としては残念な面もありますが、作家であることを考えると名誉の引退!でもあります。
意外と写真がなくて、秋のものになってしまった。

 

かご好きで、かごの写真をツイッターに載せてくれることも多くとっても助かっていました。また情報通でもあったので、「えー!そうなんですか?全然しらない…(私)」「えー!小池さん知りませんかー?(水)」なんてことも多々(笑)。貴重な情報源を失ってしまいそうです。そのほかにもたくさん頼っていたもんなぁ。

 

今回は新しいスタッフを迎えるのはやめ、私を含め今いるスタッフとどのような体制が取れるかを検討しました。その結果が営業日の変更。来月より現在の「水〜日(月・火定休)」から「火〜土(日・月定休)」に変わります。日曜営業が定着してきたところでの変更、大変申し訳ございませんが、みなさまどうぞお間違えのございませんよう。そして今後共jokogumoをよろしくお願いいたします。

 

iPhoneImage.png

 

※väli(ワリ)とはエストニア語で空間や領域といった意味を持つ言葉なのだそう

 

本当によく見ないと編んでいることが分からないくらい、細い細い糸を使って作られたアクセサリー(それ以外のものもあります)。繊細さと透明感、大人の可愛らしさがあって、それはやっぱり水野さん本人の印象とちょうど重なるもの。異素材の組み合わせから生まれる意外な心地よさ、それからおそらく本人にしかわからないくらいの隠れたこだわりとささやかな遊び心がそこにあることを具体的な何かということではなく、存在として感じさせる作品です。水野さんのväliとしての今後の活動も心より応援しています。

 

各地での展示も増えているので、お近くで開催の折は是非!

 

\次回の展示は都内ですよ/

 

väli accesories fair
[会場]CLASKA Gallery & Shop "DO" 丸の内店(KITTE 4F)
[会期]2016年8月15日(月)〜9月4日(日) 11:00〜21:00(日祝〜20:00)

 

 

| 神楽坂店のこと | 01:53
『ホッキョクグマを彫る』 −本多絵美子さん木彫りワークショップ−

そろそろ梅雨明けするようですね。梅雨が明けたら夏も本番。今日はそんな夏本番に開催のワークショップのお知らせです。

 

 

『ホッキョクグマを彫る』満席となりました!ありがとうございます(7/29)

 

2016年8月28日(日) 13:00〜17:00

教えてくれる人 本多絵美子さん

参加費 4,320円

持ち物 筆記具・エプロン・絆創膏(もしものための)

    あれば彫刻刀(ない場合はお貸しいたしますのでお気軽に)

 

小さな木のかたまりから彫刻刀を使ってホッキョクグマ(しろくま)を彫ってみよう!というワークショップです。彫刻刀なんていつぶりだろう?と遠い目をしているのは私だけでないはず。こういう機会でもないとなかなか木彫りなんてできません。夏休みの工作気分で久々に黙々と手を動かしてみましょう。手に乗るほどの小さなクマが形になったら、最後に色を付けて仕上げますよ。

 

教えてくれる人は彫刻家の本多絵美子さん。個性溢れる面白い方で、何がってその作品群ですよ。とにかくモチーフが独特で、そんなじっくり見たことない!っていうような昆虫とか、動きがリアルな(作品は動かないのですが、こういうことしてるよね、っていう一瞬をリアルに切り取っている)動物とか、わぁ、こういうのを木で彫っちゃうんだ。と驚きます。

 

木を彫るときのニュートラルな精神状態って何かこうモヤモヤと心や頭に溜まったものをさらりとどこかに流してくれそうな、そんな気がします。ここは彫りやすい、ここは手ごわい、そんな木目との対話はきっといい時間。

 

「木彫りなんてやったことないし…」という方も大丈夫。やったことないからこそやってみましょう。ちょっとへんてこなクマでもいいのいいの。まずはトライ。私も隅っこで参加させてもらうつもり。

 

お申し込みは event☆jokogumo.jp(☆=アットマークに変えてください)

タイトルを「ホッキョクグマ」とし

 

お名前

当日コンタクトのとれるお電話番号

参加人数

をお知らせください。

 

それではみなさま、お待ちしております。

 

※小学生以上のお子様のご参加も可能です。12歳未満の場合は必ず保護者同伴でお願いいたします。

※お電話のお申し込みもたまわります。営業中に03-5228-3997までお電話ください。

 

 

 

| イベントや企画展のこと | 12:15
夏に聴きたい曲

先日夏風邪に掛かって2週目に突入、健康いちばん!などと書いたところだったのですが、あのあと高熱に見舞われ、扁桃腺の腫れも気になったので耳鼻咽喉科に行って診てもらったところ「副鼻腔炎」ということでございました。風邪薬じゃ治らないはずだわー。

 

そして処方してもらった薬を飲んだら劇的に回復!元気になるって素晴らしい!と思ったのもつかの間、今度は全身に蕁麻疹が...。薬が合わなかったのか、本当に久々に薬を毎日いくつも飲んだものだから身体が「無理!」とNOを出したのかわかりませんが、ひとまず薬はやめて通院しつつ治すことになりました。

 

そんな小池の一方的な健康報告(?)からはじまってしまった今日のblogですが、メインは夏に聴きたい曲。について。

 

 

photo:mono森音

 

たまにお客様から「店でかけている曲って誰のですか?」「音楽はどうやって選んでいるんですか?」と聞かれることがあります。店で流す音楽はこまめに変えるわけではないのだけど、それでも全然気にならないもの。ずーっとかかっていてもいつも心地よく感じるものを選ぶようにしています。ピアノとかギターとかが多いかな。雨の日には雨の日らしく聴こえ、風の日には風を感じ、日差しの強い日には木陰の心地よさを思い出させるような。

 

それをどこで選んでいるか。なのですが、北海道に雑貨のお店をやっている友人がいて、ここ数年はその店が不定期で開催する「音楽フェア」でセレクトしたものの中から何だか気になるな、と心がざわついたものをピックアップして通販してもらうことが多いです。

 

毎回限られた日数ではあるものの、だからこそのよいきっけかになるのですよね。1枚1枚丁寧に、それでいて簡潔に紹介されたカタログページをにらめっこしつつ、今の自分が求めている音楽がどんな感じだろう?とあれこれ思いをめぐらせながら何枚かを選びます。

 

気付けばそのフェアが明日までになっていた!ので今日はそのお知らせ。初日あたりにお知らせするべきだったのにすいません;通販お申込みも明日までですが、心地よい音楽、どこでどうやって選ぶんだろ?と気になっている方がおられましたら是非是非ご参考ください。私もこれから選ぶ予定。

 

音楽のフェア「summer breeze 2016」ウェブカタログはこちら→ ■ 

フェアの企画・開催、mono森音のblogはこちら→ ■ 

 

 

 

| つれづれ | 18:05
ラオスの茶漉し

 

 

梅雨明けまだだったの?とびっくりしてから雨の多い日々です。どちらかというと梅雨っぽい雨ではなくて夏のスコール的な感じですけど。それにしても梅雨明け、いつするんだろう。別に明けたからって何があるわけじゃないのに、季節の区切りをちゃんと感じたい気持ちがあります。

 

 

さて、写真はラオスの茶漉し。ちいさなカップにもすっぽり入るかわいらしい大きさで、スタッフが気に入って少し前から新しく入荷するようになったものです。仕入れも自分以外の目を入れると新鮮。それぞれのカップに添えてお客様にお出ししたいわぁ、と複数買いもある人気商品です。

 

ラオスという国でもどんどんと進む近代化に伴い素朴な手仕事がものすごいスピードで姿を消しつつあると聞きます。手紡ぎ手織りの素敵な布を作っている村の人にいちばん喜ばれるお土産がユニク○のTシャツだったりするのだそう。少し前の日本みたいに、こういうもの(手仕事の素朴なもの)は時代遅れでダサいっていうような、そんな風潮なんだろうけど、そうじゃなかったと気付くまで細々とでもいいから続いていて欲しいなぁ。

 

 

 

| 【編み組み】 | 17:16
8月からの定休日変更のお知らせ

7月に入り、ここからようやく仕事に復帰できる!という気持ちになってきました。2014年の春からというもの、妊娠、出産、育児、引越しといろんなビッグイベントが次々と舞い込んで、しっかり腰を据えてお店のことに向き合えず、まるっとお店のことはスタッフに任せきり。それぞれに慣れない中、店主ほぼ不在のお店を支えてきてくれたスタッフには本当に感謝、感謝です。

 

それから、変わらずjokogumoにお立ち寄りくださったり、ウェブショップをご利用くださったり、ほぼ更新されないblogを覗きにきてくださっていた方も(涙)本当にありがとうございます。

 

仕事としていろいろとやりたいことはあったけどなかなか出来なかったなぁ。やっぱり子供がひとり増えるとなると女の人は最低2年くらいはそれまでとは違う時間を過ごすことになるんじゃないかと思います。もちろん、もっと早くにバリバリ仕事復帰をされている方もいるのでどれが普通とはいえないのだけど。

 

これまでは復帰度10〜20%くらいだったけど、これからは70〜80%くらいの感じで(100%でなくてすいません;)がんばっていく所存です。みなさま改めまして、どうぞよろしくお願いいたします。復帰宣言!

 

そして、jokogumoはまた少しスタッフが入れ替わることになりました。それに伴い8月からの定休日をこれまでの月・火から日・月に変更させていただきます。

 

日曜日の営業が増えてから1年と少しでまた変更になってしまい本当に申し訳ございません。この間に掲載していただいた雑誌やWEB媒体などに記載されている定休日とは異なりますのでどうぞお気をつけくださいませ。

 

【8月からのjokogumo営業日】 火〜土(日・月定休)12:00〜18:30

 

 

Check
| 神楽坂店のこと | 15:13






CALENDER
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
Twitterボタン